【超簡単】円高、円安とは

おはようございます。佐々川です。

朝の5時。
機嫌よくブログを書いている妻にさりげなく
聞いてみました。
「円高、円安ってちゃんと理解してる?」

 

表情が一瞬くもり、目線が上がり、曖昧な答えが・・・

うんうん。なるほど。

 

円高、円安の概念はFXをやるなら絶対に理解する必要が
あるので超簡単に説明してみました。

 

たとえば、アメリカで1個1ドルのグレープフルーツがあります。

■現在
円とドルの為替(交換比率)は
1ドル=100円です。

この時
グレープフルーツは100円で買う事ができます。

※円高、円安というのは相対的(他と比較する事)な考え方によるので
 この1ドル=100円を基準として考えます

 

■1ヶ月月後
円とドルの為替(交換比率)は
1ドル=80円になりました。

グレープフルーツは80円で買う事ができます。
→100円で買えてた時に比べると、20円も安く買えました。
円の価値がドルに対して高くなったからです。
→なので、これが
 円高

 

■さらに1ヶ月月後
円とドルの為替(交換比率)は
1ドル=130円になりました。

グレープフルーツは130円で買う事ができます。
→100円で買えてた時に比べると、30円も多く支払う必要があります。
円の価値がドルに対して安くなったからです。
→なので、これが
 円安

 

 

わかりやすかったですかね?

今日はこのへんで!!

スポンサードリンク

コメントはこちらにどうぞ♪

このページの先頭へ