え? FXで失敗する最大の原因は○○だった

今日はちょっとマインドの話です。

 

タイトルに”失敗”という単語をあえて使用しましたが、FXを本格的に
始める前にまずは現実を直視してもらおうと思います。

 

有名な話ですが、FXで勝てている人は全体の2割しかいません。
残りの8割の方は失敗、負けているという事です。

 

FXの取引は、外貨を買う(ロング)、又は、売る(ショート)事でポジションを取り
その後レートが変更した後、そのポジションを決算する事で成立します。
ポジションを取った後、為替レートが上がるか、下がるかは確率5割の世界。
なので何も考えず取引をしても5割の方は勝てるはず。
しかし、実際は2割の方しか勝てていません。

 

何故か?

 

他の方のトレードブログも数百程読みあさった事もあります。

投資本、投資雑誌、情報商材も参照しました。

僕のこれまでの株、FXの取引経験を何度も思い起こしてみました。
特に失敗したトレードを。
その結果、多種多様な失敗要因、失敗原因が抽出されてきました。

 

ここでそれらを全て網羅的に指摘してもいいのですが、
やれ損切りが・・
やれ資金管理が・・・
やれ投資ルールの徹底が・・・・

と具体的な事を書いても初心者の方(特に我がカミサン)には伝わらないので、
ここは敢えて一つに絞りました。

要するにFX失敗の最大の原因です。
もっとも大事なキーワード、それは感情です。
そうです、感情です。
感情だったのです。

大事な事なので3回言いました。
感情が高まると人間の知性は格段に低下します。
感情の高まりはエネルギーを消費してしまうからです。

 

その結果、論理的な思考が出来なくなり、取引は惨憺たる結果になります。
投資スタイルも投資ルールも一切無視の状態になってしまう人もいます。
投資において、感情は一切必要ありません。
投資において、感情は100害あって1理無しです。
僕も初心者の頃だけでなく、現在でも日々感情を
制する戦いを続けています。

 

感情が高ぶっては抑えて冷静になり、
高ぶっては抑えて冷静になり、
この繰り返しです。

 

でもそれを乗り越えなければ、勝てません、利益は生まれません。
投資で成功するために必要なこと、それは

感情のコントロール。

 

ではみなさんも投資の際は感情をしっかりコントロールしてFX取引を行って下さい。

今日はこのへんで。
・・・・・・
イヤ、そんなん

 

そんな声が聞こえてきそうなので、感情をコントロールするうえで
もっとも有効な特効薬をお伝えします。

大学生の頃、この方法を実践するようになってから僕のトレード
は大きく変わりました。
当然いい方向にです。

 

それは

明確な目標を持つという事。

 

コツはいくら稼ぎたいか、という数字ベースより、
稼いだ結果どうなりたいか、
どんな自分になりたいか、
という具合の目標の方が効果的です。
そうするとどうなるか。

個々のトレードの過程、結果に一喜一憂しなくてすむようになります。
上手く言葉では説明しずらいのですが、目標を設定することで
自分の関心が個々のトレードには向きづらくなります。
仮に負けたとしても、
このトレードは僕の目標を達成するための通過点に過ぎない。

目標を達成する為に、この負けトレードを分析して次に活かそう。
そういう発想が自然にできるようになればあなたのトレードは一気に上達します。
勝ちトレードより、負けトレードの方が学べる事は多いいのです。

 

ちなみに、学生時代の僕の目標は
”学費を捻出し、バイト時間を減らし、思いっきり勉強する事”
でした。

 

スポンサードリンク

コメントはこちらにどうぞ♪

このページの先頭へ